タクシーの運賃も大きく変わってきました。

タクシーの運賃は、初乗りの基本料金と走行距離による課金によって構成されています。初乗りの距離は会社事に違ってくるのですが、おおよそ2Km程度だと思われます。その距離内で移動できるのであれば、初乗り料金でタクシーが使えるのです。また走行距離による課金については、止まっていてもエンジンが止まっていないと、走行している事となり、走行距離による課金がされるようになっているのです。だからいつも同じ距離を利用していたとしても、信号などで停止している時間が長くなれば、その分料金に差が出てくることがあるのです。深夜の利用についても通常時とは違ってきます。深夜帯は利用した運賃にたいして2割から3割の割り増し料金が支払金額となります。夜間利用すると同じ距離でも多少高くなるのはそれが理由です。それに加えて首都高速道路などを利用すると、その分の利用料金を加算されてきます。色々と便利な分もあるのですが、使い方を気をつけないと意外と高額名請求になってしまうこともあるのです。特に終電を逃すような事態になってしまった場合は、割高になってしまいますがタクシーを利用して帰る事になるでしょう。この場合は、走行距離もさることながら運賃もそれだけ掛かってしまいます。そんな時、料金表示を見てひやひやしないようにしましょう。支払方法にはクレジットカードや電子マネーなど、柔軟な対応をおこなっているので、手元に現金がない場合でも安心して乗ることが出来るのです。

タクシーの運賃の計算法

タクシーは車を所有していない人にとっては、いざというとき頼りになる乗り物です。緊急時には電話一本で来てくれますし、ナビ設定する必要もなく目的地の目前にまで連れていってくれます。しかし、やはり何といってもその気になるのはその値段です。乗車しているときに、多くの人は搭載されているメーターや料金機が気になって不安に感じてしまいます。タクシーの運賃は複雑な計算方法によって計算されているようですが、大まかにいうと基本・割増し・割引き運賃の3種類に分けることができます。また基本の方は距離制、時間制、定額制の3種類に分けることができます。通常は乗った距離に応じて値段が計算される距離制が適用されます。計算方法としては一定距離(1.5~2.0km)までは初乗りといわれる値段が適用され、それを超えると一定距離(200~400m)ごとに追加で加算されていきます。乗った時間に応じて値段がかわる時間制では、基本的に夜間乗車時に割増料金が発生します。割増運賃は基本料金に上乗せされますが、午後10時から午前5時までに上乗せされる深夜早朝割増(約2割増し)や冬に割増される冬期割りましなどがあります。深夜割増時間帯を頭に入れておくだけでも、役に立つかもしれません。